HiDaMaRi Photo Studioのはじまり

 

僕らはお互いカメラマンという職業で結婚し子供を授かりました。


商業写真や一般の方の写真を演出して撮影してきましたが
自分たちが結婚式に写真をお願いするときに
ただ二人が並んでる一枚の写真があればいいなというのがお互いの意見でした。

その写真をしっかり撮る為に、大きなカメラを買って一枚の写真を撮ってもらい
その時の気持ちを思い出して暗室に入り自分でプリントしました。

写真は時間が過ぎるにつれ、味わい深い一枚になりました

その一枚があればあの伊勢の神社の蒸し暑い夏の朝を思い出せるのです
僕は汗で着物の中はびっちょびちょだったこともよくおぼえております。


過剰な演出は目を引くけど、
シンプルに撮ることでしか見えてこないものが沢山あります。
そこにはあなたと大切な人しかいないから

たとえば顎をあげる癖、猫背の姿勢、すぐにふざけてしまう、はずかしがり、泣き虫な子
それってとても愛おしいその人の個性が見えた瞬間だと思います。


そのままのあなたを撮らせてください。
そのままのあなたがすばらしい。

僕や奥さんがシャッターを切れなくなるまでたくさんの人が生きている写真を撮らせてもらえたら、
そんなこんな気持ちでこの写真館を始めました。
どうぞよろしくお願いいたします。


写真家 上石了一

filmの持つ感性

 




大事なのは写真を撮るという行為だと思います
あなたを撮るという行為です。


撮る人と撮られる人が同じ空気を感じられる事
その記憶をプリントすることで「物体」になっていく過程

フィルムはロマンチックです

ただ1枚の写真ですが、その1枚の写真に
いままでのあなたの沢山のモノが入って
これからのあなたの沢山のモノが入って
くれたらいいなあと思って撮影、プリントしてます

そのままのあなたを感じ 撮り 印画紙に焼き付けます。
街の写真屋さんのプリント方法では出せません。
HiDaMaRi Photo Studioのオリジナルアナログプリントです

 
引伸し機

hidamari photo studio.

事務所所在地

 

住所

東京都墨田区緑2-3-9岡田ビル201

 

電話番号

03-6874-7055