写真と向き合う日々

うちの店主が、小難しいことを長々と語りました…

(お付き合いいただいた方、ありがとうごうざいます。笑)

 

先日、うちの娘と息子が体調を崩したので、家で写真の整理をしていたら、

10年前、勤めていたコマーシャルスタジオの作品展に向けて、作品撮りをしていた時のフィルムがでてきました。

 

たしか…“my family”というテーマだった気がします。

 

私はその時、脳梗塞で倒れ不自由になっていた祖母にカメラを向けました。

なぜ被写体を祖母にしたのかわかりませんが、それまで、あまり自分が家族を撮るということはなかったので、

少し照れくさい気がしたのを覚えています。

 

季節は夏。その冬に祖母は亡くなり、最初で最後の撮影になりましたが、

作品展“my family”というテーマがなかったら、祖母をフィルムに残すことは無かったと思います。

“きっかけ”ってほんと大切で、そして、何か大事なことを気づかせてくれるものです。

 

また、このフィルムを見て、

あっ!お母さん撮りたい!(最近はめっきり子供ばかりなので…)と気づく私でした。笑

 

小さな“きっかけ”をみつけ、それを大切にしていきましょう。

 

 

上石 真弓